カローラクロスの最新納期と短縮の裏技→KINTOが最短最速

TOYOTAから期待のSUV「カローラクロス」が満を持して登場!

C-HRとRAV4の中間サイズで、使い勝手が良く既に幅広いユーザーを取り込んでいます。。

SUVながらリーズナブルな価格帯で、もう既に明らかに売れまくっている状況です。

そしておなじみ、毎度の「納期問題」が勃発。

早くも納入まで非常に長いリードタイムが・・!なんとかカローラクロスの納期を縮める方法はないのか??

 

はい。あります。

 

結論を述べると「KINTOの利用」です。(※KINTOは、トヨタ車のクルマのサブスクサービス)

カローラクロスの供給は、KINTOを優先し手配されています。

実際の納期はこちら
↓↓

>>カローラクロスをKINTOで見る

 

Sグレードも、先行してKINTOのみで取り扱っていることからも、KINTOへの注力具合を容易に理解できます。

  • KINTOであれば納期を縮めることが可能な理由
  • カローラクロスの納期最新情報
  • そもそもの納期が遅い理由

これらを順番に説明していきたいと思います。

カローラクロスの納期を縮める裏技

カローラクロスの「裏技的な納期短縮方法」は存在しません。

冒頭で述べたように、KINTOを利用すると、通常納期の半分以下に縮めることが可能です。

KINTOならカローラクロスの納期は1.5~2ヶ月!

「KINTOを利用した場合の納期」と「車をを購入した場合の納期」を比較してみます。

  • 【KINTO】GAS車:1.5-2ヶ月
  • 【KINTO】HV車:1.5-2ヶ月
  • 【購入】GAS車:5ヶ月以上
  • 【購入】HV車:6ヶ月以上

KINTOを利用すると、明らかに納期が短縮されることがわかりますよね?

なぜKINTOなら納期が早い?

それは、KINTOが優遇されているからです・・・!

KINTOへ優先供給だから

カローラクロスの生産台数に対し、KINTOを優先し一定数量を供給しているからです。なぜKINTOは、優遇されているのか??

それは、TOYOTAがKINTO事業を伸ばしていく方針だから。

KINTOには、非常に注力しているのです。

赤字であるKINTO事業から撤退しないことが、何よりトヨタの覚悟の表れです。

つまり

  • KINTOならカローラクロスが短納期で乗れるよ!
  • だから皆さんKINTOの利用を検討してね!

というのがトヨタ社の戦略でしょう。

「Sグレード」の生産計画を見ると一目瞭然

カローラクロスの「Sグレード」はKINTOのみ先行供給されます。

購入向けの生産は「2022/02~」で、それまではKINTO専用車となります。

グレードと価格を整理してみます。

グレード ガソリン2WD ハイブリッド2WD ハイブリッド4WD
GX 199.9万円
G 224万円 259万円 279.9万円
S 240万円 275万円 295.9万円
Z 264万円 299万円 319.9万円

Sグレードは中間グレードであり、最も売れ行き良好になると考えられます。

目玉グレードをKINTOに先行投入することからも、トヨタのKINTOへの注力具合が伺えますよね。

 

KINTOが向いている人・向いていない人の解説記事は、こちらのサイトが網羅的でわかりやすいです。

>>KINTOメリットデメリット解説記事

【購入の場合】カローラクロス納期最新情報

2021/10/7時点の最新納期情報(購入の場合)

  • ガソリン車:5ヶ月以上
  • ハイブリッド車:6ヶ月以上

同じトヨタのSUVの納期は

  • ライズは納入まで2ヶ月
  • RAV4は納入まで、3ヶ月

という納期を考慮すると、カローラクロスは比較的納期が長いと言えるでしょう。

もし正式発表直後に予約していたら

正式発表後即契約(9/14)であれば、ギリギリ年内納期も可能かも?という状況でした。(※購入の場合です。KINTOならもっと早い)

ただしそのためには、先行予約の段階で手続し、試乗有無にかかわらず9/14に契約する必要がありました。

もう一度、10/7時点での納期を列記しておきます。

  • 【KINTO】GAS車:1.5-2ヶ月
  • 【KINTO】HV車:1.5-2ヶ月
  • 【購入】GAS車:5ヶ月以上
  • 【購入】HV車:6ヶ月以上

カローラクロス納期(納車まで)の口コミ

9月前半時点の状況と、現在の状況では納期に大きな差異が出ています。

理由は、後述の「東南アジアの部品サプライヤーの製造ラインがストップしたから」です。

 

最新(10/7時点)の納期事情は、上記で述べた通りです。(GAS:5ヶ月、HV:6ヶ月以上)

「カローラクロス納期スレ」の掲示板で、納車までの見込み期間と口コミを見てみましょう。

9月前半注文で12月納車と言われました!
出典:カローラ クロス2021年モデルのクチコミ掲示板

9月16日にZ4WDを契約して、1月納車予定です
出典:カローラ クロス2021年モデルのクチコミ掲示板

8月22日にカローラクロス ハイブリッドZ FF寒冷地仕様 プラチナホワイトパールマイカを契約して12月初旬納車予定です。
出典:カローラ クロス2021年モデルのクチコミ掲示板

9月18日、帯広で実車確認し注文しました。ハイブリッドZ 4WDのオプションカラーです。納期は2月中~下旬とのこと。
出典:カローラ クロス2021年モデルのクチコミ掲示板

今の時点(10/7)でハイブリッドの納期は5月、ガソリン車(S以外)で3月頃と言われました。1週間毎に1ヶ月納期が延びると言ってました。
出典:カローラ クロス2021年モデルのクチコミ掲示板

カローラクロスの納期が遅い理由

カローラクロスの納期が遅れている要因は、主に以下2つです。

① 部品・半導体不足

昨今の世界的な情勢(感染状況)から、東南アジアの部品サプライヤーの製造ラインがストップしています。

部品が届かないため、車の製造ができないわけです。

カローラクロスを製造する高岡工場の第一ラインでは、9月1日~17日まで操業停止をし、納期に大きな影響を与えています。

② トヨタ車の販売が好調で製造ラインに余裕がない

現在、トヨタ車の販売は絶好調です。

受注が多く、売れまくっているので製造ラインに余裕がないのです。

ヤリスクロスやルーミーなど人気車種への受注に対応すべくフル稼働状態なのです。

しかし、一方、カローラクロスは部品の供給がストップし、製造したくても製造できない。というダブルパンチで納期が遅延している状況なのです。

カローラクロスの最新納期(10/7時点)まとめ

最後に、もう一度カローラクロスの最新の納期をまとめておきます。

  • 車購入の場合は、納期5ヶ月以上
  • サブスクKINTOであれば、納期1.5-2ヶ月

何としてでも早く手に入れたい方は、KINTOをおすすめします。

>>カローラクロスで【KINTOvs購入】の価格考察してみた

 

保険や税金が全てコミコミ、ネット契約完結型なので、店舗に行く必要がありません(納車時以外)

>>カローラクロスをKINTOで見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です