【条件付き】カローラツーリングは車中泊可能!必須オプションとおすすめ社外品紹介

豊富なラインナップで人気のステーションワゴン「カローラツーリング」ステーションワゴンでアウトドアを楽しみたい!という需要も多くあります。

 

泊りでのキャンプなどを検討中の方は、カローラツーリングは車中泊が可能かどうか?という点も気になるポイントですよね?

今回は、カローラツーリングで車中泊が可能かどうか?また車中泊の快適性や限界について詳しく紹介します。

カローラツーリングは車中泊可能?

カローラツーリングは車中泊可能

カローラツーリングの寸法面や機能面から車中泊が可能かどうか検証してみましょう。

 

結論を先に述べると、可能です。

 

ポイントを先に述べておきます。

  • 身長180cm程度までなら快適に足を伸ばせる
  • 頭上空間に余裕はない
  • 2名でも、なんとか車中泊可能レベル
  • 連泊や荷物が多いと厳しい

寸法面から考察

カローラツーリングのボディサイズは以下の通りです。

サイズ カローラツーリング
全長(mm) 4,495
全幅(mm) 1,745
全高(mm) 1,460

長さは5ナンバーサイズでコンパクトです。

なお、車中泊では荷室の容量よりも荷室の長さが重要になります。

カローラツーリングの場合、リアシートを格納した状態で、なおかつフロントシートを一番前までスライドさせると、最大で1,953mmの長さが確保できます。

 

185cm以上の人でも足を伸ばして横になれるスペックですが、トランクの開口部からフロントシートのシートバックまでの長さのため、実際には180cm前後くらいの身長の人までが快適に足を伸ばして横になれるスペックと言えるでしょう。

荷室の高さは約65cmです。座席として使用した場合よりも高さに余裕が無くなり、ただ座るだけでも頭上空間に余裕はありません。

機能・装備面から考察

カローラツーリングの荷室

リアシートは簡単に前方に倒すことが可能です。6:4分割可倒式のため、3名乗車+長物を積む、片方だけ倒して簡易的に横になることも可能です。

リアシートを倒した場合、デッキボードを上段にすれば、フラットな荷室が生まれます。

 

車中泊なら電源も使いたいですよね??ハイブリッド車限定でAC100Vのアクセサリーコンセント(非常時給電システム付)がメーカーオプションで選択可能です。

メーカーオーダー時に忘れずに発注したいオプションですが、ガソリン車には設定がありません。

 

簡易キャンピングカーにも装備されることがある給排水システムは、カローラツーリングに装備することは、ほぼ不可能です。

車中泊は、水が自由に使える場所を選びましょう。

ガソリン車の場合は、走行中充電可能なインバーターなどがネットで販売されているので、必要に応じ検討してみましょう。

身長180cm以上はキツイかも

カローラツーリングで車中泊は1~2名が限界であり、家族4人での車中泊はできません。

また、身長が180cm以上ある人の場合は窮屈になります。

連泊や荷物が多い場合には、スペースの関係上、おすすめできません。

 

車内で着替えをする場合には、リアシートが使用できる状態で行うことをおすすめします。

頭上空間が十分確保できず、室内の高さはミニバンなど車高の高い車には敵いません。

本格的な車中泊ゆとりを求めるなら、カローラツーリングはおすすめできません。

カローラツーリングが車中泊に適しているポイント

車中泊に適しているポイント

カローラツーリングが車中泊に適している!というポイントを紹介します。

フルフラットになる→車中泊必須条件

ラゲージルーム入口からシートを倒した状態で、フルフラットになります。

 

ガソリン車&ハイブリッド2WD車のアクセサリーコンセント非装着車は、ラゲージ床面の高さを2段階に調整可能なデッキボードが装備されます。

デッキボードは上段にセットすると良いです。

下段にセットすれば背の高い荷物の収納に便利ですが、ラゲージルーム入口に段差が出来てしまいます。

最大荷室長が1900mm以上ある

リヤシートを格納し、フロントシートを前方にスライドさせることで、最大1,953mmの長さが確保できます。

まっすぐに横になれることは、車中泊する上でも重要ポイントです。

アクセサリーコンセント装備可能

スマートフォンの充電や携帯用冷蔵庫、パソコンやテレビを使用したい場合、車中泊での電源は必須となります。

ハイブリッド車にオプションのアクセサリーコンセントは、ほとんどの日常使用する家電製品を使用することが可能で、炊飯器やドライヤーも使うことが可能です。

カローラツーリングが車中泊に向いていない点

車中泊に適していないポイント

カローラツーリングで車中泊する上で、イマイチな点を紹介します。

天井の高さが低い

ミニバンや1BOX車と異なり、車高が低いため、高さが不足します。

なにせフルフラット時は、リヤシートの上にシートバックが重なった状態になります。

 

よって、通常の「座席として使用」するよりも座面が高くなり、天井までの高さが低くなります。

横になるだけなら良いのですが、座って過ごすには向いていません。

そのままでは眩しい!カーテンが欲しい

カローラツーリングのようなステーションワゴンは、ミニバンのようにカーテンを設置するにはハードルが高くなります。

しかし、そのままでは眩しいため、ネット通販で販売されている車種専用設計のサンシェードを用意し代用すると良いでしょう。

カローラツーリングで車中泊するための「必須オプション」や「おすすめアイテム」

カローラツーリングで車中泊する際に、用意したい「必須オプション」「便利アイテム」を紹介します。

アクセサリーコンセント

AC100V・1500W/非常時給電システム付のメーカーオプションです。

最大1500Wまでの家電で使用できるコンセントです。

 

ハイブリッド車にのみメーカーオプション設定されます。ドライヤーも使用可能で、ハイブリッド車を選ぶなら選択したいオプションです。

  • アクセサリーコンセント:44,000円

ソファーベッド ダブルタイプ(社外品)

フラットになっても、そのままでは、ゴツゴツして快適とは言えません。

幅90cmの2人掛けソファーベッドを用意すれば、折り畳み可能で収納可能で、使いたい長さに応じて使用することが可能です。

 

ただし、厚みが約10cmあるため、さらに天井が低くなりますので注意が必要です。

薄いマットレスを敷いたままにするならば、さらにリーズナブルに探すことが可能です。

ツーリング専用プライバシーサンシェード全面セット(社外品)

カローラツーリングには、ミニバンに設定されるカーテンは用意されません。

社外品ですが、カローラツーリングのウインドウ形状にデザインされたサンシェードが販売されています。

 

吸盤で貼り付けるタイプのため、簡単にセット可能です。

フロントガラス、フロント両サイド、リヤシート両サイド、クオーターガラス両サイド、リヤガラスのセットで全面のガラスをサンシェードで覆うことが可能な優れもの。

大容量ポータブル電源(社外品)

アウトドアや車中泊のみでなく、防災用品としてもおすすめなポータブル電源があると便利です。

 

アクセサリーコンセントを選択できない「ガソリン車」や「装備されていないハイブリッドの中古車」を購入した場合に用意すると便利です。

出力は500W前後の製品が多く価格は5万円前後です。

 

安易に格安品に飛びつくと思った性能を発揮してくれない、バッテリー処分時の対応に困るなどありますので注意しましょう。

【まとめ】車中泊withカローラツーリング

カローラツーリングは、

  • 身長180cm前後までの人で
  • 最大2名×1泊程度

この条件であれば十分車中泊は可能です。ただし、天井の高さにはくれぐれも注意を!

 

眩しくならないサンシェードやポータブル電源・マットやクッション類など、おすすめの用品は純正品にこだわらず、便利なグッズを必要に応じて選ぶことがポイントです。

 

関連記事:

カローラツーリングのグレード別違い→おすすめは「S」or「W×B」

ツーリングのおすすめグレード

【決定版】カローラツーリングの必須オプション+人気のおすすめオプション紹介

ツーリングの必須オプション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA